【大井川鐵道】年末のSL急行かわね路 2020.12.26-27

お久しぶりです、えぬじぃーてぃーです。
去る2020年の年末、この年もまた乗り納めと撮り納めを大井川で行ったのでブログを更新します。
2019年末のEL急行はこちら

2020.12.26
DSC_6400.jpg

DSC_6410.jpg
101列車
C11 190+オハフ33 215+スハフ42 186+オハフ33 469+オハ35 559+オハ35 149+E10 1
塩郷
数人しかおらず吊橋と編成全体を入れ込むことが出来ました


2020.12.27
DSC_6600.jpg
101列車
C11 190+オハフ33 215+スハフ42 186+オハフ33 469+オハ35 559+オハ35 149+E10 1
青部-崎平
前日と同じ編成
客車最後尾のヘッダーが無く、オハ35 149と分かりやすい一枚かと
((だいぶレンズのピントが馬鹿になってきた感じはありますね))
149は側面の車番が検査後ちょっと他とは違うフォント感でびびる

DSC_6655.jpg

DSC_6719.jpg
千頭から新金谷へ戻る102列車の発車を待つC11 190
約1年修繕を受けて復活した釜はC10からバトンタッチでしばらくかわね路担当になるのではないかと思っていたのですが
年末年始の運用はGotoトラベルの一時中断措置で全列車運休が決まっていたのと年始から3月中旬までの運行は護岸復旧工事の影響で新金谷-家山間での運行が決まっておりましたが、緊急事態宣言発令で2/7まで運休(後に宣言延長を受けて3/7まで)と
この記事を書いている時点ではまだ今年一回もSLかわね路が運行されていない状況で、この日撮影したかわね路が最後に走行した写真になるんですよね。
3/13(土)が今年初のかわね路になりそうなので復活した折にはTwitterで写真巡りでもしようかと


おまけ
DSC_6376.jpg
大代川側線に置かれたC10 8のキャブ部品

以上。
スポンサーサイト



【大井川】「重連」 EL急行かわね路 2020.9.19-20

お久しぶりです、えぬじぃーてぃーです。

ブログを復活させたのに一か月以上放置とは何だという事なのですが
大してブログにするほどの物を撮ってなかったのが原因ではありますね
((日々のつぶやきやブログに乗せるほどでもない写真等はTwitterであげております))

さて本題に戻りまして...9月19日と20日は車を飛ばして島田の方へ。
連休初日という事もあって、圏央道→中央道の八王子JCTや圏央道→東名(東京方面)の海老名JCTと神尾付近での片側道路通行では多くの時間をロスしてしまいましたが、なんとかトーマスの午前便には間に合いました。
まずは神尾から
DSC_1163.jpg

(新金谷)E10 2+スハフ42 304+オハ47 398+オハ47 512+オハ47 380+スハフ42 184+オハ47 81+スハフ42 286+トーマス(C11 227)→ (家山)
9月の大雨の影響で運行区間が家山止まりの新金谷往復となりましたが、12月までトーマスの運行が決まっており
今年C11 227が本来の姿を見せてたのは2月の辺りだけでしたね
ある意味一時期C10 8でかわね路を回していた頃より重責がかかりそう
神尾はトンネルの飛び出しがメインなので反対方面にカメラを向けていきます

DSC_1207.jpg
7列車 16003F
置き換えが決まっている(譲渡された車両がいつ仕上がるのか不明ですが...)近鉄16000系も残るは1編成
翌日は21000系が2本共動いてたので稼働していたのはこの日だけでした

DSC_1227.jpg
(新金谷)←E10 2+スハフ42 304+オハ47 398+オハ47 512+オハ47 380+スハフ42 184+オハ47 81+スハフ42 286+トーマス(C11 227) (家山)
一度やってみたかった構図でE10 2を確保できて良かったです
そもそも対向来たらめんどくさい一本道を下って神尾まで来た甲斐があったとしか言いようがないですね
昨年のE10 2牽引のELかわね路から時間も経過したこともあってテカリが完璧に無くなりましたが、E10 1と異なってヒサシがあるのがたまらないんですよね
最近E10 1の方も本線に復帰してきたのでE10は一応2台とも動ける状態に

DSC_1268.jpg
101列車 EL急行かわね路
(新金谷)オハ35 435+オハ35 559+オハフ33 469+E32+E33→(千頭)
公式でE31で牽引されているとアナウンスされていたのでこれは嬉しいですね

DSC_1272.jpg
千頭駅でしばしの休憩をする旧客達
いつも島田から千頭まで移動する間に時代超えちゃったかなと思えるぐらいここは時代が変わらないんですよね

DSC_1329.jpg
千頭駅構内機回し
13:35から開始
帰りはE32を先頭に立たせないといけないのでE33を一旦どかしてからからやる光景は単機のELより見ごたえがあります
(ホーム末端ではE33とE32が並んだのでそっちに行けばよかったか)

ここで千頭駅から撤収し大井川第一橋梁へ
ベストな位置で切ろうとすると木の影が盛大に邪魔してくるので完璧に曇り専用だなと後悔
抜里はもう混んでるだろうし、偶然居合わせた撮影者の肩と話も弾んだのでここで撮ることに

DSC_1382.jpg
12列車 21001F
かわね路通過約30分前に山下りする南海21000系
〇普ないし〇急ができるのは21001で大井川専用の種別板を装備するのは21003で判別は簡単

DSC_1399.jpg
102列車 EL急行かわね路
(新金谷)←E32+E33+オハ35 435+オハ35 559+オハフ33 469(千頭)
2ヵ月前の大雨前みたくスハフ43がいた客車4両ならもう少しましな編成美になったかなと
でもこの2日間で一番の陽ざしの中で撮れたのはいい収穫でした

DSC_1435.jpg
DSC_1470.jpg
新金谷に戻ってきたかわね路編成
普段はとっとと機関庫に入れてしまうのに珍しく日の入りまで駅側の留置線に置いてくれたのでちょっとした撮影会状態に

【9/20】
DSC_1528.jpg
この日は朝から雨でGotoトラベルキャンペーンで安くホテルに泊まれたとはいえ気分は落ち気味
家山でトーマスとかわね路を撮って、川根温泉で風呂に浸かった後、かわね路の復路を待つといったプランにしました

DSC_1547.jpg
(新金谷)E10 2+スハフ42 304+オハ47 398+オハ47 512+オハ47 380+スハフ42 184+オハ47 81+スハフ42 286+トーマス(C11 227)→ (家山)
トーマス午前便
桜の時期は逆光でも人が多く押し掛ける家山川ですが雨なのでぼちぼちといったところ
編成は固定なので前日と同じ

DSC_1598.jpg
(新金谷)オハ35 435+オハ35 559+オハフ33 469+E32+E33→(千頭)
こちらも前日と同じ編成のEL急行かわね路
珍しく前パンでの運行でしたが気まぐれなんですかね????

DSC_1614.jpg
温泉に入る前に大井川第一橋梁を通過する南海21003Fを
考えてるが他人と同じなのか川根温泉の駐車場は第二まで行かないと空いてない混雑っぷり

湯温最低41℃の温泉に茹でられた後、SLの見える丘公園へ
DSC_1644.jpg
南海21003F
抜里付近の茶畑と色が良く合います

DSC_1657.jpg
102列車 EL急行かわね路
(新金谷)←E32+E33+オハ35 435+オハ35 559+オハフ33 469(千頭)

DSC_1659.jpg

DSC_1669.jpg
俯瞰だからこそできる3度撃ち
西武時代は保線車両しか牽引しなかったE31ですが大井川ではどの客車牽いても様になってしまう不思議っぷりを発揮してます

DSC_1680.jpg
DSC_1703-2.jpg
新金谷に戻る頃にはE32+E33は機関庫に戻ってしまったので前日E31の重連で隠れて見えなかったC12 164を撮影
いずれ復活させる動きになってはいるものの大井川には検査を通す車両、大規模修繕する車両、譲渡してもらい整備する車両等、積みプラモの様に重なってるので、このC12に再び火が入れられるのはまだまだ先とは予想しております
(なので真岡に動くC12を撮りに行ったのはまた別の話で)

この後プラザロコでお土産を買い渋滞にハマることなく所沢へ
翌日はマップが一日中真っ赤になるほどの渋滞ラッシュだったのでこの日で切り上げて正解だったかもしれません

E31の重連も撮れてSLかわね路も復活でしばらくはELは無さそうですけど
C11 190も復活したことですしSLナイトトレインまたやってほしいなと思うえぬじぃーてぃーでした
以上。

【大井川】年末のEL急行かわね路 2019.12.29-30

お久しぶりです、えぬじぃーてぃーでございます
新ブログでの最初の記事はまだ感染症のかの字も無かった2019年末の撮影です。

蒸気機関車の数の関係で2019年秋口から12月まで急行かわね路号は電気機関車での運行、E31ないしE10での運行が確定していたので2日間の撮影に行きました

DSC_2441.jpg
午前9時の新金谷駅
正午の出発の向けて準備が進められてます。
牽引機が蒸気機関車ではないので客もまばらでした

お古しかいないと思われている大鐵ですがE10形は電化時からの生え抜きのベテラン機
特にE102は検査後ともあって塗装はテッカテカ、2020年8月現在も新金谷で眠っている"いぶき"501もきれいな姿で見たいですね。

DSC_2540.jpg
101列車 急行かわね路 千頭行き
崎平-千頭
E10 2+オハフ33 215+スハフ42 186+オハ35 435(当時メモ参照)

DSC_2619.jpg
102列車 急行かわね路 新金谷行き
川根温泉笹間渡-抜里
E10 2+オハ35 435+スハフ42 186+オハフ33 215(当時メモ参照)
撮影者3人こじんまりとしてました(抜里は10数人いましたが...)
E102の新金谷側の尾灯はフィルムを変えると標識灯になると機関士さんとちょっと話したときに教えて頂きました。
千頭側は尾灯の形状が異なるのでできない様です。
2020年8月、トーマス号に専属で補機を務めているE102ですが運行経路の関係で家山から新金谷への列車が補機先頭で運行されているのですが、

12/30
DSC_2722.jpg
101列車 急行かわね路 千頭行き
川根温泉笹間渡-抜里
E10 2+オハフ33 215+スハフ42 186+オハ35 435(当時メモ参照)
朝から島田は土砂降り、予報も良くならなそうだったので沿線での撮影はこれで〆て
帰りは旧客での列車旅を楽しみました。

おまけ
DSC_2657-2.jpg
新金谷に留置されていたE32(右)とE33(左)
この7か月後、組み合わせで重連のかわね路を撮る事になります。

2020.7.23撮影
DSC_0255.jpg
102列車 急行かわね路 新金谷行き
千頭
E32+E33+オハ35 435+オハ35 559+オハフ33 469+スハフ43 2+スハフ43 3

また再び、大鐵が蒸気機関車の複数使用できるような状態にそして不通区間の回復を願いたいと思います。
以上。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR